更新情報

特定技能の在留資格に係る制度運用に関する2024年度以降の方針等が公表されました ~受入れ枠を5年間で82万人に大幅増加しています~

 政府は、3月29日に特定技能制度の受入れ上限数や対象分野の拡大を閣議決定し、公表しました。2024年度からの5年間の受入上限数を最大82万人に設定する等、2019~2023年度の約2.4倍に拡大しています。
 また、新規分野として、「自動車運送」「鉄道」「林業」「木材産業」の4分野を追加しました。
これにより、受入れ対象分野は従来の12分野から16分野に拡大されます。
既存分野に新たな業務も追加しています。
 法改正に関しては、
不法就労助長罪の厳罰化、特定技能1号の支援委託先の登録支援機関への限定、永住許可の要件の明確化等も行うこととされています。

法改正の概要

特定技能の分野別受入れ枠

 詳しくは、次の題名(URL)から掲載ページをご参照ください。
特定技能の受入れ見込数の再設定及び対象分野等の追加について(令和6年3月29日閣議決定)
https://www.moj.go.jp/isa/applications/ssw/2024.03.29.kakugikettei.html




2024年4月 1日

ページトップへ