更新情報

厚生労働省「雇用仲介事業の在り方」について書かれた「第333回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会」資料が本日12月8日(水)に公表されました。

 厚生労働省「雇用仲介事業に関する制度の改正について」が、第333回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会の配付資料として公表されました。
 募集情報等提供事業者を把握するために、届出制を導入することが主な内容ですが、職業紹介事業に直接関係する事項としては、資料1の2ページ第2の1(1)ウにありますが、職業紹介事業者等は募集情報等について、正確かつ最近の内容に保つための措置を講じなければならないとすることが適当であるとされています。
 また、4ページ3(2)エに「指針に規定されている職業紹介事業と募集情報等提供事業との区分について、現状を踏まえ判断基準を明確にすることが適当である」とされています。
 詳細は、下記をご覧ください。

                             記 

1 厚生労働省掲載ページ「第333回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会 資料」
   (1ページ)
2 資料1「雇用仲介事業に関する制度の改正について(報告書)」(5ページ)
3 参考資料(4ページ)



2021年12月 8日

ページトップへ