更新情報

厚生労働省「改正職業安定法(求人不受理)と受動喫煙防止の労働条件明示事項追加について」

 2020年(令和2年)3月30日から、改正職業安定法の一部や関連する政令・省令・指針が施行され、職業紹介事業者は、一定の労働関係法令違反のある求人者からの求人の申込みなどを受理しないことが可能となります。
 また、2020年(令和2年)4月1日から、職業安定法施行規則の一部が改正され、事業主の皆様が労働者の募集や求人の申込みを行う際に「就業の場所における受動喫煙を防止するための措置に関する事項」の明示義務が課せられますので、ご留意ください。
 当協会で作成した「求人票様式例」を参考までにご覧いただくことが可能です。
 詳細については次のPDFファイル等をご覧ください。
 
「職業紹介事業者の皆さまへ 改正職業安定法(求人不受理)について」

「求人企業の皆さまへ 改正職業安定法(求人不受理)について」

「労働者を募集する企業の皆様へ」
~求人の申込みや労働者の募集に当たっての留意事項~
 《平成29年職業安定法の改正等》

「事業主の皆さまへ『受動喫煙防止』に向けた取組について」

「求人票様式例」(作成/公益社団法人全国民営職業紹介事業協会・略称:民紹協)



2020年3月 5日

ページトップへ