更新情報

厚生労働省「裁量労働制による就労を予定する内容の求人の取扱い」について


 裁量労働制とは下記1のような制度ですが、その運用に配慮すべき事項も多いことから、厚生労働省職業安定局長から、参照のとおり、裁量労働制による就労を予定する求人の取扱いについて、下記2の事項について確認等を適切に行うよう通知がありました。つきましては、ご理解の上、適切な対応をお願いします。


                              記

1 裁量労働制とは
 裁量労働制とは、業務の性質上その遂行の手段や時間の配分等に関して使用者が具体的な指示をせず、実際の労働時間とはかかわりなく労使の合意で定めた労働時間数を働いたものとみなす制度で、「専門業務型裁量労働制」と「企画業務型裁量労働制」があります。

2 裁量労働制による就労を予定する求人の取扱いについて求められる事項(項目のみ)
 (1)求人者による裁量労働制求人の内容の明示
 (2)労使協定等及び裁量労働制の要件を充たしているかの確認
   ア 労使協定又は労使委員会の決議の確認
   イ 裁量労働制の要件を充たしているかの確認
 (3)裁量労働制求人を紹介する際の求職者への明示

※ 参照
 裁量労働制による就労を予定する内容の求人の取扱いについて(依頼)



2018年6月11日

ページトップへ