職業紹介責任者講習とは

職業紹介責任者講習風景のイメージ

 この講習は、職業安定法第32条の14により選任を義務付けられている職業紹介責任者を対象に事業運営を適正に実施することを目的に行われているものです。職業紹介責任者の方、これから選任される方はすべて受講する必要があります。
 職業紹介責任者は、1事業所に1名、職業紹介従事者50名あたり1名以上選任する必要があり、複数の方を選任しておくことが望ましいです。
 当協会では昭和62年より前身である「職業紹介従事者講習」を開催している実績と伝統があり、これまで蓄積した経験をまとめたテキストを利用して受講者に丁寧に解説いたします。
 職業紹介責任者講習には、「新規講習」と「継続講習」の2種類があります。


新規講習継続講習

新規講習 【日程等はこちらから】

対象者

原則として、

  • 新たに職業紹介事業を行おうとする方
  • 職業紹介責任者として選任されることが予定される方
受講料
  • 13,400円(当協会会員 10,300円)
講義内容
  • 民営職業紹介事業制度の概要について
  • 職業安定法と関係法令について
  • 民営職業紹介事業の運営状況及び職業紹介責任者の職務遂行上の問題点について
  • 具体的な事業運営について
  • 個人情報の保護の取扱いに係る職業安定法の遵守と公正な採用選考の推進について

継続講習 【日程等はこちらから】

対象者
  • すでに職業紹介責任者の「新規講習」もしくは「継続講習」を受講された方
    受講日の前5年以内の受講確認が取れない場合は、継続講習を受講していただくことができません。新規講習を受講していただくことになりますのでご注意ください。
受講料
  • 8,200円(当協会会員 5,100円)
受講内容
  • 民営職業紹介事業の運営状況及び職業紹介責任者の職務遂行上の問題点について
  • 具体的な事業運営について
  • 個人情報の保護の取扱いに係る職業安定法の遵守と公正な採用選考の推進について

ページトップへ